2008年12月08日

他人事じゃない。

友人が家で倒れ救急車が呼ばれました。

新聞やテレビニュースで最近頻繁に報じられていますが、
なんと友人もたらい回しにあったそうなんです。
救急隊員の方が「受け入れお願いします。」と連絡しているところで意識が戻ったそうなのです。
次々と断られ、それでもなんとかある病院で受け入れてくれることになったそうです。
その病院は家からものすごーーく遠い病院です。
救急隊員の方が必死で連絡を取っている声を聞きながら
「私はどうなるのだろう?」ととても不安だったそうです。
そうだよね。
具合が悪いだけでも不安なのに。
普通、救急車に乗せてもらえば大丈夫と思っちゃいますよ。
いくらニュースでやっていても、まさか、ですよね。

別の友人も気絶するくらいお腹が痛くなり、やっと3件目の病院で診てもらえたそうです。
即手術になったそうで、「たらい回しのあげく手遅れになるって話は普通にありだよ。」と言っていました。

怖い・・・

子どもにも妊婦にも高齢者にも病人にも手を差し伸べない、
なんて国なんだろう。この国は。

posted by 女将 at 21:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする